咽頭クラミジアの症状

クラミジアは性病(性感染症)の中で感染者数が一番多い性病です。
咽頭クラミジアは「のど」がクラミジア感染する病気で、病原は性器クラミジアと同じです。

 

咽頭クラミジアを放っておくと、男性・女性ともに不妊の原因になります。
少しでもおかしいと感じたり、不安な出来事があった場合は必ず検査をしましょう。

咽頭クラミジアとはどんな病気?

咽頭クラミジアは病原が同一であるため性器クラミジア同様に、初期の症状は軽いけれど感染力が高いので、誰もが気づかないうちに感染源となって他の人にうつしてしまう可能性があります。

 

クラミジアは、オーラルセックスにより「性器→のど」「のど→性器」へと感染し、性器に感染すると性器クラミジアとなります。

 

したがって咽頭クラミジアの検査を行う場合は、性器クラミジアの検査も一緒に行うことをおすすめします。

 

パートナーも必ず一緒に検査を受けるようにしましょう。

咽頭クラミジアの症状

咽頭クラミジアは「のど」に感染する性病(性感染症)のため、男性と女性の症状は同じです。

 

感染してから症状が出るまでの期間は約 2週間です。

 

症状が出ても、風邪に似た症状、のどがイガイガする程度なため、男性・女性ともほとんどの人が感染に気がつきません。

咽頭クラミジアを放置すると・・・

感染に気付かないで性行為を行うことでパートナーも感染させてしまいます。
また自分自身も、のどと性器を重複して感染する可能性が高くなります。

 

クラミジアに感染するとパートナーにものど、性器と感染させることとなり、女性が性器クラミジアに感染した場合は、気づかないまま病気が進行し、卵管炎、子宮内膜炎、子宮外妊娠、不妊症、早流産の原因となります。

 

またHIVや他の性病(性感染症)に感染しやすくなります。(粘膜の抵抗力が低下のため)

咽頭クラミジアと症状が似ている他の病気

性器淋菌感染症
性器クラミジア